イタリア

世界遺産にも登録されている美しい村々「チンクエテッレ」を巡る(後編)

チンクエテッレを巡る旅の後半。リオマッジョーレ、マナローラ、コルニリアを訪れた私達はヴェルナッツァに向かいます。

sponsored link



ヴェルナッツァ

カラフルな町並みが特徴のヴェルナッツァ(Vernazza)。駅前から伸びているローマ通りには沢山のお土産屋さんが並び、観光客で賑わいます。

今回訪れた5つの村の中でも一番活気ある印象を受けたヴェルナッツァ。住民より観光客の方が多いとのことですが、まさにその通りです。

町のあちこちに座れる様な段差みたいなのがあり、休んでいる人多し。これだけ混んでいればその中を歩くだけでも疲れますもんね。

お腹のすいた夫がピザらしきものを買ったので、彼が食べるあいだ私達も座って休憩しました。温め直してくれるので、チーズが溶けて美味しかった。

ローマ通りを進んで行くと到着するのが、港のあるマルコリーニ広場。色とりどりの建物に囲まれた広場の中央には、海から引き揚げられたボートが集められていました。

港の先まで歩いていくと絵葉書でもお馴染みの光景が。ただこの日は波が高く、この場所にいても波しぶきが飛んでくるほど。

海はかなり荒れもよう。実は村をつなぐ船にも乗りたかったのですが、私達の滞在中はずっと波が高く、残念ながら船も運休でした

町のシンボルでもあるサンタ・マルゲリータ・ディ・アンティオティア教会。豪華な祭壇などがある訳でもなく、いたってシンプルな内装の教会でした。それでも訪れる人が後を絶たない人気スポットです。

モンテロッソ・アル・マーレ

チンクエテッレの一番西に位置するモンテロッソ・アル・マーレ(Monterosso al mare)。ホテルやレストラン、お土産屋さんなどが充実していて、5つある村の中では観光地として一番発達しています。

駅から出ると目の前に広がるビーチ。鮮やかなパラソルがいかにもリゾート地という雰囲気です。

海岸沿いを東に進んで行くと町の中心部へたどり着きます。町の手前に見えてくるのはアウローラの塔。

モンテロッソ・アル・マーレは特にレストランが多いので、ここなら食べ物に困る事は無いでしょう。まるで迷路のような道もあったりして、探検家気分で町を散策できます。

サン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会は縞々模様が印象的。

帰りの電車を待つあいだ、駅キオスクのカフェでしばしの休憩。海岸線が一望でき、これまで訪れた村々も見えました。

観光に便利なチンクエテッレカード

今回のチンクエテッレ観光では「チンクエテッレカード」を使いました。

[aside type=”boader”]チンクエテッレカード
ハイキングコースや公衆有料トイレ、市バス等が無料になるカード。大人1日券は7,50ユーロ、2日券14,5ユーロ。
電車の乗車券も含まれているものは1日券16ユーロ、2日券は29ユーロ。[/aside]

私達が使ったのは電車割引ありのカード

電車の有効範囲はチンクエテッレの西にある町レヴァントから、チンクエテッレを抜けてラ・スペツィアまで。この範囲内はどこを利用しても1回の乗車で4ユーロかかるので、電車での移動が多い場合はチンクエテッレカードを買う方がお得です

また夏は観光客が押し寄せて駅の窓口も混雑するので、カードを持っていればいちいち乗車券を買わなくていいという利点もあります

宿泊は隣町レヴァントがおすすめ

チンクエテッレを観光するにあたり宿泊したのは、モンテロッソ・アル・マーレの西にあるレヴァント(Levanto)という町。最初は5つある村のどれかにしようと思っていましたが、めぼしい物が見つからなかったので隣町に泊まる事に。

結果的にはチンクエテッレに宿泊しなくて正解でした。理由はいくつかあり、まず観光客で混雑するチンクエテッレと比べて比較的のんびりしていること。またホテルもチンクエテッレに宿泊するよりだいぶ安かったです。

さらにモンテロッソ・アル・マーレからレヴァントまでは電車で5分程度しか離れていないほか、チンクエテッレカードも有効範囲。移動もスムーズにできるので、混雑している上にホテルの高いチンクエテッレに泊まる必要はわざわざなかったのです。

チンクエテッレで泊まることにこだわりがなければ、近郊のレヴァントやラ・スペツィアも視野にいれると良いかもしれません。

レヴァントのホテル
ラ・スペツィアのホテル

私達が宿泊したのはHotel Gardenというホテル。お土産屋さんが並ぶ通りにあり、スーパーや海岸もすぐ近くにあります。

部屋には冷蔵庫やケトルも用意されていて、好きな時にお茶を飲んだりスーパーで買ったお惣菜を保存することもできて便利でした。チンクエテッレカードもホテルで購入可。

チンクエテッレ周辺に泊まらずとも、ジェノヴァやフィレンツェからの日帰り旅行も可。個人で行くのが心配な人はツアーを利用するのも良いでしょう。
゜:*★イタリアのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

チンクエテッレの観光はここまで。次回はコバルトブルーの海が美しいポルトヴェーネレを訪れます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMopsをフォローしよう!