南西ドイツ旅行(3)カールスルーエ城とバーデン・バーデンの散策

旅行3日目はまずカールスルーエへ。町の真ん中にあるカールスルーエ城の周辺を一周したのち、バーデン・バーデンへ戻り町の中を散策しました。

今にも雨の降りそうな暗いカールスルーエと比べて、バーデン・バーデンではいい天気でのんびり散歩ができました。

宿泊したホテル
Hotel Etol
部屋はバスタブ付きで朝食も充実。
町の中心で、クアハウスや美術館、トリンクハレなど主要なスポットが徒歩圏内。

カールスルーエ城

1715年にヴェルサイユ宮殿を見本として建てられたカールスルーエ城。

内部は州立博物館になっているほか、庭園内には州立美術館もありますが、どちらも食指が動かないので周りから見ただけです。

博物館はたまに行くことはありますが、美術館はほとんど興味が無くていつもパス・・・。年を取って時間がある時に来ればいいやと思っているので(笑)。

アイボリー色のお城は、城というより役所っぽい外観

博物館の入り口。後ろの塔に人が上っているのが見えますね。

城の前の並木がとても綺麗でした。

カールスルーエ城 行き方
S-Bahn(S1、S11、S51)またはトラムの4番に乗りMarktplatz下車。所要時間10分ほど。

バーデン・バーデン散策

カールスルーエとは打って変わって、こちらは太陽が降り注ぎいい天気でした。

中心部

町全体にどことなくエレガントな雰囲気の漂うバーデン・バーデン。中心部はショッピングストリートになっていて、カフェやレストランも沢山あります。

私が宿泊したホテルのある通り。オーダーメイドの靴屋さんなど、高級そうなお店が並んでいました。

僧院教会

面白い像が立っている横の坂道を上ると、僧院教会にたどり着きます。

丘の上に立っている大きな教会。ピンクの塔が印象的です。

近くにあった面白いオブジェ。壺っぽいですが、中にたまった水はどうするのか気になった私です。そもそも壺みたいに口が開いているのかは不明ですが・・・。

リヒテンターラーアレー

町を流れるオース川沿いにはリヒテンターラーアレーという公園が広がっています。散歩をしているカップルや芝生の上でくつろぐ家族連れ、ジョギングをしている人など、皆それぞれ思い思いの時間を過ごしています。

所々に掛かっている橋は、どこも可愛らしい花で飾られていて素敵です。

中でも一番は、ピンクのゼラニウムが飾られたロマンチックな雰囲気漂うこの橋。

正面から見てもとても可愛いです。

グナー庭園

川沿いにはグナー庭園という薔薇が沢山咲いている庭園もあります。ベンチも沢山あるので、庭園を眺めながらしばし休憩をしました。

この地で余生を過ごしたヘルマン・ジィールケンという人物が、夫人へ贈ったというこの庭園。庭園を贈るという発想がまたすごいですね。

薔薇の他にもサルビアをはじめとする季節の花が咲いていました。

トリンクハレ

コリント式の、まるでギリシャ神殿の様な建物が印象的なトリンクハレ。中にはツーリストインフォメーションやカフェが入っています。

壁にはフレスコ画が描かれていますが、よくある壁一面のフレスコ画ではなく、美術館の展示のように画が並んでいる所が面白いです。

建物を横から見るとこんな感じ。

隣には、前回の投稿で紹介したカジノが入っているクアハウスがあります。

 

バーデン・バーデンの観光はこれにて終了。次の日からは黒い森に滞在し、点在する小さな町を巡ります。

sponsored link



sponsored link




にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村