ドイツを飛び出してオーストリアの山の中で雪山歩き&クリスマスパーティー!

夫が勤めている会社では毎年12月の初めにクリスマスパーティーが企画されます。会場となるのは毎回オーストリア山岳地帯のとあるホテル(オーストリアの会社なので)。

パートナーや子供も同伴というクリスマスパーティーは、実は私が毎回楽しみにしているイベントでもあります。

というのも、みんなドレスアップしてくるので、ちょっと非現実的な気分が味わえるのです。それに普段は絶対会わない夫の会社の同僚との食事も楽しみのひとつ

とはいえパーティーの為だけに出かけるのは勿体ないので、ちょっと長く滞在してザルツブルクやベルヒテスガーデンといった周辺の町も観光してきました。

そんなドイツ、オーストリア旅行から、今回は雪山散策クリスマスパーティーの様子を紹介します。

sponsored link



車で7時間半の道のり

お昼ごろに家を出発した私達。ナビの指示通りに進んだらなぜかラッシュアワーのミュンヘン中心部を通る事になり、予定よりもだいぶ長い7時間半という移動時間になりました。

着いた頃には外も真っ暗。ホテルもクリスマスの装いです。

スキーゲレンデが目の前にあり、スパも付いているというリッチなホテルの宿泊代は会社持ち。ITコンサルだから結構景気がいいのかもしれませんね。

部屋も広々。寝室の隣にもう一つ部屋があります。早く目が覚めてもここでパソコンいじったりできるので、とても便利。

バスルームもとても広くて使い勝手がよかったです。蛇口が2ヶ所あるのでケンカにもなりませんね。笑

ホテルで一休みした後は、会社の同僚たちと「前夜祭」なるパーティーとは別の食事会がありました。ちなみに本番は次の日。

会場となったレストランはDJがいたり、ダンスする場所があったりして賑やか。こういった家の造りは南ドイツやオーストリアでよく見かけるものです。

食事のあと私はホテルへ戻りましたが、夫は別のバーへ。夜中の3時半ごろにかなり酔っぱらって帰ってきました。そして次の日は二日酔い・・・。まあ自業自得ですよね。

雪山の中を散策

翌日はゴンドラに乗って山の上まで行きました。

前日は真っ暗で見えませんでしたが、ホテルからの眺めも素晴らしい。

スキーシーズンが始まったばかりなので降雪機もフル稼働です。

ゴンドラで上るにつれてだんだん視線も高くなっていきます。

進行方向はこんな感じ。

真下には雪をかぶった木々が見えて、幻想的な風景が楽しめました。

そしてついた先は一面の銀世界。ここで雪道を散歩します。

誰かが通った形跡はあるものの、雪かきなんてしてある訳がないので、とにかく歩きにくい・・・。翌日は見事に筋肉痛になりました。

歩きにくいですが、天気がよくて眺めは最高!夏はこの辺りに牛が放牧されるらしいです。そのころにまた来たい。

スノーエンジェルを作る夫と「Mops」と書く私。笑

こんなことをしながら、しばし雪山の散策を楽しみました。

そのあとはホテルでくつろいだりスパへ行ったりしながら、夜になるのを待ちます。

クリスマスパーティー本番

パーティーは向かいのホテルで行われました。社員やパートナーなど約250人が集まりかなり賑やか。

まずロビーに全員があつまり、社長のあいさつや新しく入った人の紹介などが行われます。話の内容は今年の業績や来年の抱負といったもの。

そのあと席について食事が始まります。

パンとハーブバターに続き、サラダのブッフェ。

前菜はエビ。トリュフを混ぜたアボカドが下に隠れています。

カボチャのクリームスープ。ドイツでも「ホッカイドウ」という名前でオレンジのカボチャが売られています。

メインは仔牛のローストでした。

デザートはブフトゥルというフワフワしたパンの様なものにバニラソースをかけたもの。似たようなものでダンプフヌーデルンというスイーツがありますが、こっちは生地がややしっかり目でした。個人的にはダンプフヌーデルンのほうが好きです。

色々会話もしていたのであまり長くは感じなかったものの、食事が終わったのはなんと3時間後。なんか眠いわけです。

食事のあとにバーで更に喋っている人もいましたが、私も夫も「眠い&いまだに二日酔いぎみ」だったので早々に切り上げました。

ちなみに今回着用したのはこのドレス。前回までロングドレスでしたが、今回はミニにしてみたのでかなり歩きやすかったです。とはいえ個人的にはロングドレスの方がエレガントさが強調されるので好きだったりします。

同じパーティーに同じドレスを着ていくのは気が引けるので、毎年1着ずつ増えていきます。もっとほかに着る機会があればいいのですが・・・。

 

クリスマスパーティーを楽しんだ次の日は、ザルツブルクを経由してドイツのベルヒテスガーデンへ向かいます。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

sponsored link



sponsored link