ドイツコスメ

初期エイジングケアに アンネマリーボーリンドのLLナイトクリーム

「食べられない化粧品は作らない」がブランドコンセプトのアンネマリー・ボーリンド。肌の悩みや年齢に合わせた様々なシリーズがあり、私もいくつか日々のスキンケアに取り入れています。

今回はそんなアンネマリーボーリンドから、30歳からのエイジングケアそして乾燥肌対策として出されているLLナイトクリームを紹介。実際に使ってみた感想をレポートします。

sponsored link

ドイツで根強い人気 LLシリーズのナイトクリーム

30歳からのエイジングケアシリーズであるLLシリーズは、ドイツで40年以上にわたり愛され続けている人気商品。LLバイオコンプレックスと貴重な植物抽出エキスが細胞の新陳代謝を促進し、エイジングの兆候が表れた肌に活力と弾力を与えます。

      そんなLLシリーズのナイトクリームは、LLバイオコンプレックスのほか、セサミオイルをはじめとする植物抽出エキスを配合。日中に様々なストレスを受けた肌を寝ている間にケアし、翌日には再び若々しさを取り戻してくれるという商品です。

セサミオイルのほか、大豆オイル、シアバター、蜜蝋なども配合されていて、エイジングケアしながら乾燥対策もできるとのこと。

容量50mlで値段は35ユーロ(4300円)ほど。夜しか使わないですし伸びもいいので、3ヶ月くらいは余裕で持ちます。たまに50%増量してかなりお得になることも。

また他のシリーズと同様に、LLシリーズからも洗顔ミルク、化粧水(またはジェル)、デイクリームといったラインが一通り揃っています。以前使用したジェルもなかなか優秀だったので、また折を見て紹介する予定です。

これら一式をライン使いするのも良いですし、必要に応じて他のシリーズやスペシャルケアを取り入れてみるのも良いでしょう。

LLナイトクリームの使い心地

LLナイトクリームの香りはバニラをもう少し爽やかにしたようなもの。アンネマリーボーリンドはドイツのオーガニックコスメの中でも高級な部類に入り、このクリームもどことなくリッチな香りがします。

このブランドの製品は、「おばあちゃんが使う化粧品の香りがする」とよくコメントされていますが、今回のナイトクリームの香りはそこまで気になるものではありません。肌に伸ばす際は香りがやや強いと感じますが、しばらくすると気にならなくなります。

1回分の量はこのくらい。これで顔からデコルテまで十分足ります。

テクスチャーは、固すぎず柔らかすぎずといったところ。保湿効果も謳っているのでクリームもだいぶ「こってり」なのかと思いきや、肌の上でなめらかに伸びてとても使いやすいです。

使用後は肌がしっとり潤う印象。肌を触ってみると若干油分でペタッとしますが、ティッシュオフするほどでもないです。

翌日の朝も肌のうるおい感が続いていて、夜のあいだにしっかりケアされたのだなと実感できます。以前は冬になると朝起きたときに、肌の内側が乾燥して突っ張っているような不快感がありましたが、このクリームを使うようになってからその症状が現れなくなりました。

確かに頬などは朝もしっとりとしているものの、目の小じわといった部分的なエイジングケアはこれだけでは頼りなさそう。アイクリームなどで別にケアする必要があると感じました。クリーム自体が初期のエイジングケア向けなので、こればかりは仕方ないだと思います。

おわりに

アンネマリーボーリンドの「LLナイトクリーム」は、エイジングが気になりだす女性へ向けた商品。そろそろエイジングケアも取り入れたいけど乾燥も気になる…なんて考えている方は日々のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

またアンネマリーボーリンドからは、ブル―ライトをカットしながら肌をケアしてくれる「3 in 1 フェイスオイル」や、シミ、そばかす対策をして肌トーンを上げてくれる「ナチュパーフェクト」についてもレポートしています。

気になる方はこちらも読んでみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMopsをフォローしよう!